口に出して言うのは少し気恥ずかしい面も多く、最近ではメッセージビデオを通じて想いを伝える方も多くなっております。

SERVICE
サービス

MESSAGE
メッセージムービー

MESSAGE
メッセージムービー

結婚式のプログラムの中で、新婦様が、ご両親に向けて「今まで育ててくれてありがとう」と言う気持ちをご両親に伝える場面がありますよね。

何度も結婚式に出席したことのある方なら分かるかと思いますが、新婦様が手紙を読む際に感極まってしまい、言葉が詰まってしまう感動的なシーンが良く見受けられます。

ただ、口に出して言うのは少し気恥ずかしい面も多く、最近ではメッセージビデオを通じて想いを伝える方も多くなっております。

LINEUP
ラインナップ

  • 両親への手紙 01

    作品紹介

    スライドの背景にエンディングムービーのような形式でメッセージが流れる、シンプルなメッセージビデオです。

  • 両親への手紙 02

    作品紹介

    こちらは、スライドの横に文字が順に出て行くタイプのメッセージビデオになります。

  • 両親への手紙 03

    作品紹介

    手紙を意識したデザインの背景・スライドに、エンディングムービーのような形式で文字が流れるメッセージビデオ。

簡単見積&お申込み

一般的なメッセージビデオ(両親への手紙)の構成

  • 親への手紙のご依頼は、(1)親への手紙を読む代わりにメッセージを映像にして流すパターンと、(2)実際に手紙を読んでいる間に、演出として写真スライドの映像を流す2パターンあります。
  • (2)の方はプロフィールビデオのデザインを流用する形で制作可能です。当項目では、(1)の方を扱います。

デザインについて

  • デザインにつきましては当店HPにあるサンプルの中からご使用になるものをお決め頂き、お客様に支給して頂いた写真・音楽・原稿と差し替えて所要時間約2時間で制作するというシステムになっております。
    テンプレートの内容を逸脱するような内容の映像制作を当日お申し出になられても制作出来ませんのでご了承ください。

写真の準備について

写真は現像した物、データどちらもご利用可能です。使用する順番に予め番号を振ってお持ちください。

●写真のお持込方法
[現像された写真の場合] 現像された写真はそのままお持ち頂ければ、当店スキャナでお取り込みさせて頂きます。
その際に映像に使用する順番を直接裏面に書いていただくか、付箋などに書いて裏面にお貼りください。
[データ写真の場合]

<デジカメの写真>

データ写真をPCで一つのフォルダに必要な写真のみをまとめてファイル名を使用する順番に変更してください。
(例:01.jpg、02.jpg、03.jpg・・・)
そちらをUSBメモリ・SDカード等に入れてご提出頂きます。
現像した写真とデータ写真が混在する場合は番号が被らないようにご注意ください。
PCが無い場合は、コンビニ等で印刷して現像された写真と同様にしてお持ちください。

<携帯電話・スマートフォンに入っている写真>

こちらは予めPCで取り出して頂き、デジカメの写真と同じ方法でご提出頂くか、メールに添付してご予約時にお伝えする担当店のメールアドレスまで1枚ずつお送りください。
その際、件名か本文に写真番号と、ご予約のお名前を合わせてご記入下さい。

<卒業アルバムの写真>

卒業アルバムは重くかさばるため、お持込の場合は荷物になってしまい、郵送の場合は送料が余計にかかってしまうため、事前に携帯のカメラ機能で使用したい部分を撮影して頂き、携帯電話/スマホと同じ方法でお送りください。
(ざっくり撮影して頂ければ、トリミングなどはこちらでいたします)

<七五三等のポートレート写真>

A4サイズ以上の大きなポートレート写真は、台紙に段差があると、スキャンする時にピンボケしてしまいますので、こちらも卒業アルバムと同じく事前に携帯のカメラ機能で該当部分を撮影して頂き、携帯電話/スマホと同じ方法でお送りください。

<プリクラ>

ご利用になれますが、小さいものを引き伸ばすため画質がかなり悪くなります。予めご了承ください。

●写真の枚数について

一般的には3~5分のムービーに対して10~20枚程度(1分につき3-4枚)が推奨枚数になります。

それ以上詰め込みますがと写真の切り替わりが早くなり写真の動きが気になってしまい、文章を読んでもらえなくなってしまう可能性がありますので予めご了承ください。

手紙の原稿について

  • メッセージビデオに使用したい手紙の原稿は予めご準備頂きます。
  • 文字数につきましては、「実際に自分が口に出してゆっくり読める」程度を目安にしてください。
  • なお、句読点は「終わる」などを意味するため、婚礼ムービーには入れない場合が多く、スペースなどで代用する場合が多いです。
原稿のお持ち込み方法

PCがある場合はWordやメモ帳などで制作してお持ちください。
PCが無い場合は携帯電話・スマートフォンのメール機能でご入力頂きまして、当メールアドレスに事前に送信してください。

※上記の方法でお持込頂ければ、お客様が作成した原稿を「コピペ」して制作する事が出来ます。 大変恐れ入りますが、手書き原稿の持ち込みは、入力するのに相応の時間がかかり、誤字・脱字の原因にもなるためご遠慮ください。 作業の省力化にご協力をお願いいたします。

BGMの準備について

  • BGMは1曲(推奨3~5分程度)のみ使用するのが一般的です。基本的にはBGMの長さに合わせて映像の尺を決定いたします。
    使用したい部分の指定やフェードアウト等の編集も当店で承る事が出来ます。
    ご購入されたCDがある場合はそのままお持ち下さい。
    パソコンのデータでお持込頂く場合はwavやmp3等、必ず他のパソコンでも再生出来る形式にしてUSB等に入れてお持ち下さい。

    ※iPhoneに入っている楽曲は取り出して使用する事は出来ません(iPad、iPod、ウォークマン等も同様)。
    またダウンロード購入した楽曲もそのままでは使用出来ない場合がありますのでご注意ください。

画面比率について

  • DVDを上映する会場様に、事前にスクリーンの画面比率のご確認をお願い致します。
    4:3(昔のアナログテレビと同じ比率)、16:9(今のデジタルテレビと同じ比率)のいずれかでのご制作となりますが、テレビと違ってプロジェクターのスクリーンは買い替えが進んでおらず、未だ7割くらいの式場様が4:3のスクリーンを使用しております。異なる画面比率で制作いたしますと、映像が画面全体に表示されなくなってしまいますのでご了承ください。
    その他、会場様からDVD作成の注意点等あるようでしたら必ずご来店時にお伝え下さい。

Copyright © 結婚式ムービー.com All Rights Reserved.